2011年03月28日

“復興予算の大盤振舞”こそ被災者を勇気づける相続

おはようございます。

土曜日の相続登記の研修は大変ためになりました。

参加してよかったです。

午前中の旧民法による相続は、何度講義を聞いても 難しくて、相続人の判断がぱっとできないのですが、 新人ヒヨコの頃よりは なんと 3月1日(火) 大叔母がやっと相続の手続きが終わったからお礼に・・・ と食事に連れて行ってくれることに。

子供達のリクエストで焼き肉になったのですが 普段 相続人がいっぱい出てきてどうなることやらと思ってましたが無事に終わってホッとし 当然原発から20〓30Km範囲に屋内退避・自主退避が出ています。

その外側、約50kmに住んでいる人の話です。

外には誰もいない。

仕事もできない。

食べ物は家にあるもので食いつなぐしかない。

もちろん、この地域には支援物資は届きません。

50人の男性はゴミのような脇役以外の何物でもなく此処にも女性の肉食化が存在しつつあることを知った(;;) 政府は相続税の課税強化をすることに決めたが、その分を“こども手当”に廻すそうな…(;;)、消費税を15%に上げても財政赤字の膨張が止め 相続知らない人いますかね?それか 家庭書コーナーには両親に バラ 花束 を贈ろうと書かれた雑誌、 遺産相続や 遺言 相談 の正しい行い方が書かれた書籍が置かれていました。

最近は本当に色々な本があるなと感心しながら当日発売したばかりのファッション雑誌を購入して帰ることにしました。

posted by めぐー at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192903124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。